SIDEBAR
»
S
I
D
E
B
A
R
«
議会の質問
2月 28th, 2018 by admin

議会の質問をしないと何となく気が抜ける。申し訳無いが他人の質問と思ってしまう。議長に成る前では、4回の定例会で4回質問したこともある。自分なら此処が突っ込みどころ、そんな緊張感があるが人の質問だとそんな緊張感が無い。同時に国会で働き方改革の法案で資料の不備が目立っている。地方でも同じようなことがあるのでは無いかと考えられる。国からの変更を実態調査を疎かにして進めている。そんなことは無いかと思われる議案もあると思う。そういう問題を指摘するような質問も行って欲しいと思います。

議長で困ること
2月 21st, 2018 by admin

質疑には、議長として答弁出来ない。議会のシステムを悪用としか思えない質疑が出ました。自分の思い込みだけの質疑に対して議長として注意は出来ても、答弁は出来ない。議会を止めて説明しても本人の思い込みが強くて理解されない。そういう意味では議長として情け無い部分がある。過去に本人を特定出来ることについて、クレームを言われたことがあった。ただ、自分で勉強して欲しい事も沢山あると思います。しかし基本だけは、揃えて欲しいと思います。一番の問題は、自分で自分がと手前みそになってしまうことです。出来る限り議長として冷静さを保って、公正に判断したいが、つい自分の我がでることに困っています。

愛媛新聞の記事
1月 15th, 2018 by admin

新年の記事に不思議な感じがした。普段大学教授が議会の活性化について、色々提言があります。しかし、今回は、議員削減をすべきと述べています。理由は議員削減することが予算の削減になるということです。一方では、人口減少と議員定数削減が同じ土俵で論議されている。特に、大学教授は昨日までの論調が翌日に反対に向かっているのではないかと思う。確かに人口規模という視点は大切な視点と思う。しかし、今示されている、議会改革の方向は、民主主義はお金が掛かるものです。情報を発信すれば当然お金が掛かります。そういう意味でお金で判断するには如何なものかと思います。議会の対応も説明責任をどういう風に果たしていくのか真摯に受け止める必要があると思います。

SIDEBAR
»
S
I
D
E
B
A
R
«
»  Substance:WordPress   »  Style:Ahren Ahimsa
ツールバーへスキップ